トラックドライバーの仕事探しで欠かさずに確認すべき点は?
トラックドライバーの仕事探しで欠かさずに確認すべき点は?

トラックドライバーの仕事探しで欠かさずに確認すべき点は?


夜勤がある会社に勤める際は休日の日数を調べておこう

トラックドライバーの仕事は、中型や大型の運転免許や運転技術を活かしたい人や、人間関係に悩まずに働きたい人の間で人気があります。そうした中、夜勤がある運送会社などにトラックドライバーとして就職をしたい場合には、疲れが溜まらないように定期的にしっかりと休みが取れるところを勤務先に選ぶことが大切です。例えば、年間を通してドライバーの人員が不足している会社においては、ベテランのドライバーが連日の夜勤を担当したり、一日あたりの残業時間が長くなったりするケースがよく見られます。そのため、なるべく週に二日以上の休暇を取れるところや、勤務の合間に仮眠時間や休憩時間をこまめに確保できるところを探してみましょう。

免許が無い人は取得支援制度がある運送会社がおすすめ

運送会社のトラックドライバーの仕事内容に関心はあるものの、業務に必要な免許をまだ持っていないという人は、免許取得制度が整っている会社に目を向けることが大事です。全国に営業所を展開している大手の運送会社の中には、20代から30代の若手の新規採用者を対象に、大型免許や中型免許の取得のために必要な教習費用をサポートしたり、教習期間中に一日あたり数千円から一万円ほどの費用を支給したりしているところもあります。また、免許取得後に不安なく業務を担当できるよう、一定期間教育担当の先輩のドライバーが指導をしてくれる会社も珍しくありません。そこで、早い時期から色々な運送会社の求人票やホームページを参考にしつつ、新人のドライバーへのサポートの良し悪しについて比較をしておきましょう。

運転することを仕事にしたいなら、トラックドライバーの求人から理想的な求人情報を見つけると理想の仕事が見つかります。